読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なで肩男が走ったりしゃべったり

タイトルからはわかりにくいと思いますが、なんとなで肩の男が走ったりしゃべったりします。そういうことを書きます。しばらく書かないこともありますが、そういうときはちっちゃくなって固くなってますので、水かぬるま湯にしばらくつけておくとまた活動を再開します。

タイトルからはわかりにくいと思いますが、なんとなで肩の男が走ったりしゃべったりします。そういうことを書きます。
しばらく書かないこともありますが、そういうときはちっちゃくなって固くなってますので、水かぬるま湯にしばらくつけておくとまた活動を再開します。



初期設定

2年以上使ってるドライヤー。

マイナスイオンモードみたいなのがあるやつなんですけど、ずっとオフになってたことに今日気が付く。

 

え?あった?こんなところにスイッチあった?

なんか、持ち手の後ろ側(手のひらで隠れるところ)にちっちゃいスイッチがありました。

なにそのスキマスイッチ。普通に使ってたら絶対気付かない。

逆になんで今日気が付けたのか。

 

いや、ていうか。ていうか、オンになってようよ。

それが売りだったじゃん。「私の長所はマイナスイオンモードがあることです!宜しくお願い致します!」だったじゃん。

「私が御社に採用いただけましたら、マイナスイオンで髪をサラサラにします!」って言ってたじゃん。

入社初日からマイナスイオンモードでいこうよ。なんでオフで来ちゃうの。

ずっとオンになってるつもりで「ほー、これがマイナスイオン効果なるものか」って思って2年以上経っちゃったよ。

で、スイッチ入れたら、先の方とかピッカー光ってんの。緑に。

「部長、やっと見つけましたね。僕のやる気スイッチ」

うるせぇバカ!

 

いや、ホントに。なんでオンになってないの?

「髪の毛サラサラモード」と「髪の毛サラサラじゃないモード」のどっちがいいですか?って人に尋ねたら、誰だって「髪の毛サラサラモード!」って答えるでしょ。そして「ムーンライトパワー、メーイクアーップ!」でしょ。

綾鷹と急須で淹れたお茶を間違えた職人さんでも、そこの選択は間違えないでしょ。

 

例えば。例えばさ、マイナスイオンモードだと髪の毛がサラサラになる代わりにすっごく臭くなるとかさ。

サラサラになる代わりに足の爪に垢がめっちゃ溜まるとかさ。

そういうことだったらわかる。オフにしておこう。

そんで「どうしても今日は髪の毛サラサラでいたい!」っていう勝負の日だけオンにする。

でもって、髪の毛がサラサラになった代償にすっごい臭くなって、足の爪も超汚くて結果失敗する。

 

でもさ、そういうワケじゃないじゃん。マイナスイオンどんどん髪に浴びせていきたいじゃん。

で、まぁ中にはマイナスイオンいらんわーっていう人もいるだろうさ。

だからオンオフのスイッチが付いてるんだろうさ。

ただ、俺は言いたい。そういう人はそもそもマイナスイオン機能付きのドライヤー買わない!から!常時!オンに!しとけっつーの!

 

ホント謎。ずっとイオンモードでいいのに。

イオンがいらないとか言うのって、セブン&アイ・ホールディングスの社員くらいでしょ。

この2年以上、すっごい損した気がする。

なんか、800サラサラくらい。そのくらい損した気がする。

 

広告を非表示にする