読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なで肩男が走ったりしゃべったり

タイトルからはわかりにくいと思いますが、なんとなで肩の男が走ったりしゃべったりします。そういうことを書きます。しばらく書かないこともありますが、そういうときはちっちゃくなって固くなってますので、水かぬるま湯にしばらくつけておくとまた活動を再開します。

タイトルからはわかりにくいと思いますが、なんとなで肩の男が走ったりしゃべったりします。そういうことを書きます。
しばらく書かないこともありますが、そういうときはちっちゃくなって固くなってますので、水かぬるま湯にしばらくつけておくとまた活動を再開します。



シネマサンシャイン福岡頭皮店

髪切ったんです。昨日。イエスタデイ。

でさ、髪を切った日の夜って、普段よりしっかり髪を洗いますよね。

僕ももちろん、よく洗ってすすいで、落ちきれてないカット後の髪を洗い流したんです。

 

ですけど。

なんか、今日の朝、仕事前に寝ぐせをなおしてたら、また結構な量パラパラーっと洗面台に髪の毛が落ちて。

なにあれ。どこに潜んでたの。

いや、抜け毛とかじゃなくて。たぶん。

いやわかんない。抜け毛も混じってたかも知れない。

 

なんだろ。

「周りの髪の毛がどんどん切られて去っていってる!じゃあ俺も!」みたいな。

切られた髪につられて、他の髪も抜け落ちてんじゃないだろうか。

それはもう「われ先に!」みたいな。「今がチャンスだ!遅れをとるな!」っつって。

「不毛の地から抜け出すんだ!まさに」っつってね。

いや、マジで。この勢い、シリア難民レベル。

 

「No.10056本目!俺は先に行くぜ!」

「おう、No.70441本目!俺も今行く!おい、何してんだ、No.84117本目!お前も早く!」

「すまねぇ、みんな。俺はここまでだ…。俺の足元を見てくれ…」

「これは…、植えられている!?」

「今まで隠しててごめんな。実は俺…、精巧に造られたアンドロイド(人工毛)なんだ…」

「そんな…。ウソだ…。ウソだー!」

 

みたいなね。

そんな映画があれば、一部の層にグンパツに受けると思う。

そういう輝かしい、頭ひとつ抜けた映画が観てみたいですね。

 

 


レディースデーの上映はガラッガラ

 

広告を非表示にする