読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なで肩男が走ったりしゃべったり

タイトルからはわかりにくいと思いますが、なんとなで肩の男が走ったりしゃべったりします。そういうことを書きます。しばらく書かないこともありますが、そういうときはちっちゃくなって固くなってますので、水かぬるま湯にしばらくつけておくとまた活動を再開します。

タイトルからはわかりにくいと思いますが、なんとなで肩の男が走ったりしゃべったりします。そういうことを書きます。
しばらく書かないこともありますが、そういうときはちっちゃくなって固くなってますので、水かぬるま湯にしばらくつけておくとまた活動を再開します。



今度の週末は家族みんなで夢の島へ行こう

べしゃり

無駄なものはもたない、っていうのが最近の流行りってやつなんでしょうか。

 

詳しくはわからないけど、「生きていく上で余計なものは持たずにいくよ派」っていうことでいいんでしょうか。

それでいくと、近々、盲腸と腎臓ひとつ、あと十二指腸少々をヤフオクで1円スタートで売りさばき、ミニ四駆の肉抜きと言わんばかりの軽量化を図ろうとしている僕もミニマリストを名乗っていいのでしょうか。

売ったお金で酢だこさん太郎とかめっちゃ買います。ぬ~ぼ~とか買います。

 

しかしまぁ、無駄って。いいですよね。

僕の周りには生きていく上でやらなくてもいいこと、持たなくてもいいもので溢れかえっていて。

無駄至上主義。

 

そのうち、周りから「このゴミ捨てたら?」って言われて「ゴミじゃない!資源だ!」っつって追い返したりするようになってね。

どうも、ゴミ屋敷すみ太郎です。

全然関係ないけど、「行政代執行」のことを「行政『大』執行」だと思って、すげー!国を挙げたお掃除大作戦か!って勘違いしてた時期があった。

大執行マスコットキャラクターの「クリーンちゃん」が大活躍する。

「よーし!みんな、キレイにしちゃうクリン!手伝ってほしいクリン!」つって。

「誰に手伝ってもらうクリンかなー!」って、でっかい掃除機持ってね。

「じゃあ今日は談合であらかじめ決まっていた業者のおじさんに2000万円支払って、お手伝いお願いするクリン!」

クリーンちゃんは決断力もある。

「こういう人は一度片付けてもまたゴミを溜めてしまうクリンなー。よし!今日も家ごといっちゃうクリン!」

家ごとばきばきーつって。あのカジノのディーラーがチップ回収するヤツみたいなののでっかいのをクリンちゃんが懐から出してがさがさーって。

決め台詞は「臭いものと警察に嗅ぎつけられたくないところにフタするよ!ぜーんぶ夢の島!」

 

この無駄な流れね。

でも、そういう無駄なことが人生を彩ると思う。

絵画も、音楽も、文学も、なけりゃないで生きていけるわけで。

でも、それがあるからこそ楽しくって。

言ったら、無駄なものばっかり集めて生きていきたいですね。

え?あなたなんですか?

キレイにするクリン?

がさがさー。ぽいぽーい。

 

 

超気持ちいい。

 

 


なんも言えねぇ

 

 

ブックマークしてコメント ブックマークしてコメント ブックマークしてコメント ブックマークしてコメント
広告を非表示にする