なで肩男が走ったりしゃべったり

タイトルからはわかりにくいと思いますが、なんとなで肩の男が走ったりしゃべったりします。そういうことを書きます。しばらく書かないこともありますが、そういうときはちっちゃくなって固くなってますので、水かぬるま湯にしばらくつけておくとまた活動を再開します。

タイトルからはわかりにくいと思いますが、なんとなで肩の男が走ったりしゃべったりします。そういうことを書きます。
しばらく書かないこともありますが、そういうときはちっちゃくなって固くなってますので、水かぬるま湯にしばらくつけておくとまた活動を再開します。



コズミックおじさん

最近、ランニングもさることながら、ウェイトトレーニングにすっかりハマっています。

ウェイトトレーニング自体は2年くらい前からやってはいたんですけど、今までにないくらい熱心にやってます。

 

ウェイトトレーニングも、ランニング同様「何のためにやってんの?」と聞かれることが多々ある。

それに僕は「なんでだろう…」と答えるしかないのが常であるんだけど、ランニングもなんでだろう、ウェイトトレーニングもなんでだろうで、完全にテツandトモ状態。

松浦亜弥が年齢詐称してたのなんでだろう。

ともあれ、なんでかわからずに毎日せっせと走ったり、よっこらよっこら重りを担いだりしているわけです。幸せ。

 

今日も今日とて町営のお手頃ジムでトレーニング。

で、結構前にもそういう感じのこと書いた覚えがあるんだけど、まぁやっぱり独特な人っていうのはどこにでもいて。

ひと通りウェイトトレーニングを済ませた後にトレッドミルで走ってたら、隣のトレッドミルに60年代の漫画から飛び出してきたようなおじさんが来て。

なんだろ!すっごくもどかしい!ビターッとくる例えがほしい!

なんつーか、笑ゥせぇるすまんに出てくる冴えないおじさん、みたいな。

いや、違うかな。なんだろ!なんだろ!なんでだなんでだろう。

 

とにかく、なんか、おじさんおじさんしたおじさんで。

そのおじさんが、走りながら痰をカァーッとやったり、鼻をグズーッとすすったりしてて。

グズーッの後にカァーッとやったり。

おじさんかよ!あ、おじさんか。

 

おじさん、トレッドミルを堪能した後は腹筋用のベンチでクランチしてた。

ここでもおじさんはおじさんらしさを忘れず、途中でブッとガスを発射してた。

僕はこのランニング中やトレーニング中の排ガスを「ジェットがかかる」と呼んでいるのだけれど、おじさんは2度ジェットをかけてました。宇宙ロケットかよ。

 

そして腹筋がおわったおじさんは、ロッカーの鍵を落として颯爽と還って行きました。

第一ロケット切り離しって思った。

 

広告を非表示にする